ガンダムW スパロボ感想







●6:情け無用のJ9


トロワやらファやらを加えて、増量中のプリベンター一行。

トロワ「潜入なら、俺たちに任せてもらっていい」

ヒイロ「ああ」

そうだよね、スパロボ隊と違って、Wのパイロットは皆プロの工作員ですから。有効に活用してもらわないと。

ルー「どっちかっていうと、あんたたちは爆破任務のほうが合ってるんじゃないの」

ヒイロ(・・・・・・)

トロワ「一理ある」

ジュドー(冗談に納得してどうすんの)

ツッコミがいねえ!!というか、W外の方は、このWパイロッツの天然ペースに、突っ込んでいいもんかどうか、迷うんじゃないでしょうかね。Wの人たちは笑いのツボがなんとなくズレているみたいですからね。「死ぬほど痛いぞ」のどこにそんなにウケるのかは、一般人にはわからない。ヒイロ、こういうとき黙りますが、なんで黙るんでしょうか。1:冗談の意味がわかってない。2:何て返したらいいか気の利いた答えを考えている。3:怒っている。3だったら面白い。心中(んだとこの野郎ォ自爆スイッチを押せ)とか思ってるのかもしれないです。絶対ないだろうがな。ケンカする気力とかなさそうだ。ヒイロ、世捨て人みたいなキャラだから(ぉ

今回の戦闘、ちょっとかわってて、敵(人工知能)に見つからないように、射程距離外を通って、敵の本拠地に乗り込めってことでした。ハロで偵察して、よしよし、このコースなら大丈夫・・・とストップした途端。ギャー爆撃がーー(ちゅどーん)なんと、敵はMSだけかと思ってたら、土色の保護色の砲台みたいな形の奴がいました。アレ、置物かと思ってた(爆)と、いうわけで1ターン目で早速見つかっちゃったんでした。気にせず強行突破しましたがな。そんなことしてるから、いつまでたっても熟練度が上がりませぬ。

今回の新キャラ、コズモレンジャーJ9。ルパン3世を髣髴とさせるんですが、この方たち。お町は不二子ちゃんぽいです。かわいー。彼らは合体の長編ムービーつきでした。小さい車が、でっかいMSに変身するんですが、本気で驚いてるカミーユが面白すぎでした。真面目なんだから。そういえばαでコンバトラーの研究所が狙われたときに、こんなやりとりがあった。

豹馬「コンバトラーがやつらに奪われたら、超電磁ガンダムができちまうぜ」

コウ「超電磁ガンダム・・・!?」

カミーユ「一体どんなガンダムなんだ!」

豹馬「いや・・・そんな真面目にとられても」

真面目な人たちが面白い。J9はなにやら仕事もルパンっぽく、潜入だとかそちらのほうがお得意なようで、囚われてたブライト艦長とかアムロ、バニングを救出!!うおお無事だったかお前たち!!人質とられてティターンズとして戦ってたクワトロとエマさんも、ヨッシャーとばかりにこちら側に帰ってきてくれました。百式ってけっこう昔からある機体なのですね。ターンAでもハリーさんが乗ってました。ハリーさん早く出てこないかな。ってことは、彼出てきたら百式は2機になるってことか?
(※後日談。ハリーさんの機体は金キラで百式に似てますが、スモーっていうベツモノでした。百式かと思ってた・・・!)

クワトロ「百式でやってみるさ!」

αでは「やってみるさ!」だった台詞に、「百式で」が追加されています。機体の名前を覚えてもらおうとしてるのか?ゼクスも「このトールギスVで・・」だの、「トールギスVの機動性を・・」だの、やたら機体の名前を連呼します。「V」まで言うところがわざとらしい!もう覚えたよトールギスVも百式も!未だにαの主人公の機体の名前が「ヒュッケバイン」なんだか「ヒュッケパイン」なんだかわからないですので、彼には是非声に出して愛機を呼んでいただきたいですが。そうこうしているうちに、カミーユがめった撃ちにされている。コンピュータ、HPが残り少ない奴を狙うようにできてんのかもしれません。やばい。カミーユが虫の息です。こちらのターンになるまで持ちこたえてもらわないと、回復ができません。

カミーユ「死にたくなければさがれ!」

それ、君だから!死にそうなのカミーユだから!!今回敵の機体がカワイイです。ピンクと紫で、耳みたいのついてますよ。それ欲しいな(笑)その名もハウンドドック・・・じゃなくてバウンドドッグだそうです。

さて、今回はWキャラはあんまり活躍しませんでしたが、コズモレンジャーという面白い仲間が加わりまして、次の目的地ダカールへ。って、ええっ・・・マリーメイヤ軍は!?


●7:終わらない円舞曲


このタイトル!エンドレスワルツですよ!きたきたっ、待ってましたっ。最近マクロス、マクロスって単語が出てきますが、マクロスって何ですか。なにやら超強力な機体で、みんなで狙っているようです。ゲームのOPにマクロスの戦闘シーン入ってましたが、ズルいですマクロス。みんな大技の瞬間も3頭身なのに、マクロスは等倍に描いてもらってますよ。ずるっ。ウイングガンダムなんか、3頭身で、あの翼でバッサバッサ飛んでるんですよ。小鳥みたいでかわいいじゃないか。リン=ミンメイって名前もよく出てきますが、どなたなんでしょうか。女王的重要人物?リリーナに似た立場の方ですかね。

前回登場のJ9の機体に、みんな興味津々!一体何がどうなってそんなに巨大化するんですか?乗ってる本人達はよくわかってないようですが、メカニックの子供に説明されて、ウッソと小介は納得。かしこい子供たちだのう。J9もメカニックがこどもなんですね。Xもそうだったなあ。

マリーメイヤの政見放送。そういえばマリーメイヤ、マリーメイヤって言ってますけど、正しくはマリーメイアですよね。メイヤが呼びやすくて定着してしまいました。気にしないで下さい。で、マリーメイヤちゃんはティターンズとケンカするそうです。地球圏統一するのは俺だ!いやなんの、俺だ!ってな。放送中、リリーナとデキムがマリーメイヤの横に!!リリーナ、眉をひそめていますよ。リリーナにそんな表情をさせる奴は許せん。マリーメイヤちゃんめ。覚悟しろってんだ。でもマリーメイヤ好きですが。

甲児「今の・・・リリーナ王女もいたよな」

王女!?!?王女扱い!?!?(おどおど)一時期でしょ、ジュピトリアンの王女になったのは!人々の中では、そんなことおかまいなしに、プリンセスとして尊敬されているんですね。ヒイロ、君の彼女は王女さまになっちまってるよ。リリーナ王女、なんて呼ばれてること、リリーナ本人が聞いたらびっくりして、「そんな。私はただの外務次官です」って言うに決まってますよ。

ヒイロ(・・・・)

今まで出てこなかったのに、リリーナがからむと途端に顔出すヒイロ。しかし声は出さないヒイロ(爆)険しい顔して、怒ってますよ。君もリリーナを悲しませる奴が許せないんだろ!さあ立ち上がれ勇者たち!・・・とかいう台詞はWのやつらには絶対似合わないですが、スパロボヒーローたちはノリノリで立ち上がってくれそうなのでちょっと言ってみました。

万丈「ダカールより先に、マリーメイヤ軍を何とかしたほうがいいかもしれないな」

当たり前じゃん!リリーナに何かあったらどうしてくれるってんだ。

甲児「でもあいつらって核を持ってんだろ」

ヒイロ「ああ」

ってヒイロ、いきなり会話に参加してるな!(笑)このゾッコンめ!

万丈「アイザック、何とかしてリリーナ王女たちを救出し、核を奪取できないか」

アイザック「よかろう。リリーナ王女の救出は、別件の依頼でもうけている」

みんな王女扱いだ〜〜〜。今は外務次官だってば。別件の依頼って誰でしょう。アイザックはJ9のリーダー、自称カミソリアイザック・・・なんですかそりゃ。たしかに彼の髪型はちょっと硬そうで切れ味よさそうすけど。あ、そういうことじゃなく?トロワもカミソリトロワを名乗ればいい。カミソリっていうか、タワシとか火ばしとかそういう系かしらん。

J9にリリーナ救出を依頼するかしないかの選択肢が出ましたが、しないに決まってる!ヒイロが助けるから!援助いらないから!手出し無用だ!!

さ、映画の通り、シェルターで完全武装のマリーメイヤちゃんの城。ですが更に悪いことに、彼らは核爆弾持っていて、街に向けて発射準備ヨシとのこと。そんな敵陣に突っ込んでって、一体どうするつもりなんでしょうか私たち。 五飛はまた悪の親玉で登場です。先頭に立ってますが、大将ってのは大体どんじりにひかえているもんだよ。先陣切って出てきて、先陣切って集中砲火浴びてます、親分。あ、マリーメイヤちゃん久々に会話に顔出しました。マリーメイヤも、会話文の横に出る窓の顔が正面顔です。今のとこ、正面なのはヒイロとマリーメイヤだけです。えっどうでもいい?

マリーメイヤ「リリーナさん。あなたは外交次官として、コロニーからの信頼も厚い。しかもプリベンターの一員でもある。あなたの権限は、あなたが思っているよりはるかに強いのです」

リリーナ「そのためにこの私を・・・!」

いつ聞いてもこにくたらしいマリーメイヤ節です。でも好き(ぉ)リリーナ、プリベンターだったんですか。あれっ?そうでしたか。しかし、リリーナの人望を利用して世界の頂点に立とうだなんて、あつかましいったらありゃしないですね。リリーナに人々がよせる人望ってのは、リリーナの人格についてきたものなんだから、形式的に座だけ譲ってもらったって、マリーメイヤちゃんが人心をひきつけておけるわけでもないのに。むしろリリーナを利用したってことで、反感買うんじゃないのかい。さープリベンター隊出撃です。ちゃっちゃと倒してリリーナを取り返してきてください。

カトル「デュオ、トロワ・・・準備はいいですか?」

なぜヒイロには聞かん。ヒイロ、やっと五飛とご対面です。

五飛「うるさい!貴様になにがわかる!俺はバルマー戦後の犠牲の上に成り立つ平和という名の正義が本当に正しいか確かめたいだけだ!そのために俺は悪になる!」

相変わらず何言ってんだかわかりません!ここ、絶対何回かNG出したと思う。俺はバルマー戦後の正義の上に成り立つ犠牲という名の平和が・・・アレッ?みたいな。

ヒイロ「今ここにある世界を信じてみろ!」

いつも無口なヒイロが声を荒げて説得。五飛のことを仲間として大切に思っているんだなあと、よくわかります。どうでもよくないから叱るんだよね。俺たちの暴走は、俺たち自身で止められる。ヒイロってば、アニメ放送当初はあんなに他人に無関心なキャラだったのに、成長したね。仲間の大切さがわかったかい。デュオにしたしうちをちょっとは反省したかい。世話になったのに、部品とったりなんだりさぁ。ヒイロは五飛と当たると、このように一生懸命説得しようとするんですが、カトルが当たりますと。

カトル「うおおおおッ!!」

え、五飛に言ってやること、それだけ!?ヒイロあんなに一生懸命喋ってたのに、カトルはおたけびか!?

リリーナ「私は逃げていました」

お・・・リリーナが立ち上がりました。おもむろに通信機を奪い!

リリーナ「全世界のみなさん、この映像を見て、マリーメイヤとティターンズを恐れてはなりません!」

ぬおおおかっけーー!!リリーナかっこいい!!それでこそリリーナです。「プリベンターは、彼らの独裁許さないために戦っているのです」でしたか。プリベンターを肯定する発言。逃げていましたって、これのことだったんですね。完全平和主義を覆して、プリベンターの戦いを肯定すると。そっか。何から逃げていたのか、今わかりました。

洸「お、おい今のって」

ウッソ「ええ、リリーナ王女です」

鉄也「完全平和主義を自ら覆すとは」

ボゥイー「ヒュウ!かっくいいー!惚れちまいそうだね」

す、すごい!みんなでコメント一言ずつ・・・よっぽど影響力があるとみえます。リリーナの一言で、プリベンターの皆の士気はMAXに。ついでにHP回復してくれ(ぉ

豹馬「リリーナ王女だってがんばってんだ。俺たちもいいトコ見せなきゃな!」

おう、そうだぞ豹馬!だまって捕まってるリリーナじゃないんだぜ!

五飛、お望み通りヒイロでやっつけました。無茶苦茶強いとかじゃなくてよかったです。五飛、ドラゴンハングとバルカンしか武器ないみたいですね。カトルのサンドロックもたしか2つしか武器ないけど。トロワのよりどりみどりの火器に比べて、なんですかこの差。トロワ武器積みすぎ!親玉の五飛は倒したんだけど、サーペントがいっぱい・・・けっこう硬いんですね、サーペント。なかなか大きいダメージにならん!しかもなぜかみんな申し合わせたようにライディーンに襲い掛かってくるんだ。ライディーン虫の息!!ライディーンは自分でHP回復できないので、ちょっと困るんだけど!狙うならコンバトラーとか狙って欲しいものですが、そんなこと言っても聞いてはくれません。

サーペントさえやっつけちゃえば、敵の陣地はとてもとても守りが浅く、らくらく進入してしまいました(笑)さー行けヒイロ、見せ場のツインバスターライフル3連射〜〜!こんなとこまで再現してくれるんです。親切です、スパロボ。

ヒイロ「シェルターは完璧なんだな?」

マリーメイヤ「あたりまえです!己の無力さを思い知りなさい」

ヒイロ「了解した」

ちゅどーん

マリーメイヤ軍「照準はコンマ2ケタまで狂いがありません!もう一度同じ場所をやられたら・・・!」

さっすがヒイロ!見たかプロの腕前を!そのわりに普段の戦闘では命中率悪いんだがなあ。コンマ2桁はリリーナからみの時しか出ないんですか?もー、しょうがない奴。ゼロのコクピットにリリーナ搭載したいよ、ホント。精神コマンドには、「HP全回復」、「気力MAX」、「必中」が追加されることだろう。で、シェルター崩壊〜。デキムが「ここにはリリーナ=ピースクラフトもいるんだぞ!」って言ったとき、ヒイロ「く・・・ッ!」って言って戸惑いましたが、結局撃ちましたね。あのくッはどういう意味だったのですかね?その一撃でリリーナが死んだらどうするつもりだったのだ、ヒイロ。まさかプロのくせに、後先考えてなかったんじゃあるまいな。デキムに銃口を向けられるリリーナ。なんで?今更リリーナ撃ったってどうにもならんだろうに。やけくそか?

リリーナ「撃ちたいのでしたらどうぞご遠慮なく。覚悟はできています」

いつでも潔いリリーナ。銃口にだって決して怯えたりしません。ヒイロとの出会いのときもそうでした。自分はいつ死んでも構わないなんて思ってるんでしょうか。「人の命なんて安いものです。とくにわたくしのは」って!?とんでもないよ。リリーナが死んだら、少なくともお兄ちゃんは廃人になるよ、きっと。リリーナにはヒイロも育ての母も兄もいるけれども、ゼクスにはリリーナ一人だけなんだからな。や、ノインさんいるけどな。それを言うなら、ヒイロもリリーナだけか。仲間はまあいるけど、普段はいていないようなもんだしな。道理でリリーナが取り合いになるわけだな(妄想

なにやらバシンだのズキュンだの、よくわからない効果音で話が進んでますが、グラフィックは立ってるものしかなく、アニメーションが入るわけでもないので、何が起こってるのかよくわかりません。映画見てない人は何がなんだかわからないだろうと思われるエンディング。ヒイロがリリーナにのしかかる・・・じゃなくて倒れ掛かるシーンも、音だけでやったってよくわからないからでしょうが、カット!一番いいシーンなのに・・・でもヒイロ気絶しなかったってことは、その後安否を確かめ合うシーンとかがあったんだろうなあ、裏では。映せ。そこんとこ詳しく述べてみろ!!

なにやらキングコブラとか出てきて、デキムを噛み殺したりなんだりしてました。キングコブラぁ?何だそりゃあ。ガンダムストーリーのなかで、キングコブラって妙にスパロボくさいよ。

五飛、プリベンターに合流しました。まだ迷いはあるみたいだけど、ヒイロの再三にわたる説得により、協力してくれるようです。制服はちゃんとプリベンターのものか、もしくは私服になるんでしょうか。彼まだマリーメイヤ軍の服着てたんですが・・・!そういやトロワもいつのまにか私服に戻ってましたしな。私服になるんだろうな。おかえり、五飛。


↓感動の再会

「リリーナ、よく無事で・・・!」
「あなたこそ!」




5ページ目へ
>> FOX-TROTトップへ
>> 倉庫トップへ