ガンダムW アニメ感想

第1話 少女が見た流星






第1話のヒイロ・ユイはヘンだ。地球デビュー!なノリですよね。よく笑うし、目がギョロギョロしています(爆


15年だかの長い年月をかけて、練りに練られた作戦、「オペレーションメテオ」の工作員として、コロニーから落っことされたヒイロ。いきなしゼクスに見つかり、いきなし一発食らう。「やるな!」ってあーた、15年間今日この日のためにがんばってきたんだろう!そんなことでいいの!


エアリーズ2機におっかけられて、ツインバスターライフル発射。2機破壊。「ワハハハハ!!!あと1機ィ!」ものすごく楽しそうである。後半のヒイロの、あと何人殺せばいいんだ、なんて台詞はどっからも出そうにないです。自分が優しいってことに気づくのは、リリーナとの出会いからであるってことがこのへんでわかりますなー。






↑鳥からMSにチェンジするレバー。Wのコクピットって、案外アナログっぽいです。ボタンとかいっぱいついてるし。鳥型になったのって、この第1話と、リリーナが女王にされちゃった回くらいしか覚えがないんですけど、活用しているのでしょうか。は・・・っ!そういえば、スパロボαのウイングガンダム、鳥チェンジできませんよね。使わないから忘れられたのかしらん。


地球に降り立ったヒイロ・ユイ。繰り出すは、奇行の数々(爆)こんだけ目立つことやっといて、何が隠密だよ。そんなにバレちゃマズいのですか。そのわりに堂々と素顔で学校に入学したりしておりますが。自殺をはかってみたりした割に、隠したいのだか隠したくないのだかよくわかりません。リリーナも、殺す宣言するくらいなら、家に忍び込むくらいすれば簡単に片付くでしょうに。矛盾だらけのエージェントです。


15年の集大成のガンダムもムゲにしすぎです。次回予告で「軍に回収される前に、ヒイロはガンダムを破壊しなくてはいけない!」そんな簡単に破壊すな!!もったいないだろうが!何しに地球に来たんだよヒイロ。働けよっ。


←出会いのシーン。何してんのこの子!?・・・と、思ってしまうのは当然かと(笑)なんてワイルド、初期ヒイロ。


聖ガブリエル学園、でしたか、リリーナの学校。日本の学校通ってるんですね!!ってことに気づいてしまいました。ヒイロ落っこちてきたのJAP地区、位置的にも日本列島です。


ヒイロはこんなに必死になってガンダムの存在を隠そうとしました。デュオもカトルもトロワも、ガンダムを見た奴は生かしておけないと、無茶な戦いをします。んが、五飛!バッチリ写真撮られちゃってます。「逃げも隠れもしない」とか言ってます。君は〜。どんなに他の4人ががんばったって、結果的に五飛のガンダムが見つかっちゃえば、努力は水の泡です。






→リリーナさまからは逃げられない(その1)
忍者か、リリーナ・ドーリアン!


というかちょっとくらい見つかったくらいで諦めるなという気がします。見られたからって自爆するか。バレたからって任務遂行に別に支障ないじゃん。どうせもうコロニーから来たってとこまでバレてるんだからさ。ようわかりません。


リリーナはいつ見ても優雅ですよね。「ご心配なく」の台詞なんか、育ちの良いお嬢様が感じられます。かわいい〜っvv「普通の子なら、ここでグレてしまうところですわね」ここに強い子の片鱗が。でも第1話のリリーナは、まだ招待状破かれたくらいでうるうるくる程度の強度です。後半のリリーナなら、そのくらいのことじゃ泣かない。やはしリリーナの強さの根底にあるのは、ドーリアン氏の死とか、自分の出生の秘密を知ったこととか、ヒイロの戦いを見ることとか、そういうのがあるんでしょうな。ってこともわかりますね。


リリーナ、出生が判明する前ですら、あのカリスマ性。どういうことなんでしょうか、学校では多くの生徒に慕われ囲まれ、ファンクラブのひとつでもありそうな勢いです。「リリーナさま、どなたをお誕生日にお誘いになるのでしょうか」って、みんな誘わないんですか!選ばれた者だけが出席できるんですか。これだけ慕われてるのは、サンクキングダム王女、という身分からカリスマが生まれるわけじゃなくて、リリーナ個人の人柄ってことなんですね。






←リリーナさまからは逃げられない(その2)
ぜったい忍者だ。


初回からこんなヘンな主人公、ヒイロぐらいのもんだろうとずっと思っていたのですが、そうでもないようです。Zガンダムのカミーユもかなり奇行を重ねていましたからな。けっこうガンダムパイロットには変人が多いのかもしれません。


ヒイロはこれからどんどん無口になっていくんですよね。そして目つきも鋭くなっていきます。他の4人はキャラ確定しているのに、どうしてヒイロだけこんな変貌を遂げるのですか。途中で路線変更したとしか思えません。もしかしてコクピットの高笑いとかが不評だったんでは(笑





第2話へ
>> FOX-TROTトップへ
>> 倉庫トップへ