ガンダムW アニメ感想




第11話 幸福の行方



前回の録画分の行方がわからなくなりましたので、こちらを先にレビューします(爆

前回までのあらすじでは、ゼクスとヒイロの対戦があり、アンさんがコロニーをタテにとるという相変わらずの外道っぷりを発揮したようです。抵抗やめないとコロニーにミサイル撃ちこむぞコラと言われ、どうしようもないガンダムたち。ヒイロは今だ!とばかりに自爆。放送開始からはかりつづけ失敗し続けてきた自爆ですが、今回は・・・!?

ってやっぱり失敗なんだよね(笑)生きてますし、ガンダムはゼクスによって復活しちゃいますからね。

デュオとカトルはとりあえず一緒に逃げたようです。砂漠に身を隠す2機。アラブの王子カトルはさすがに砂漠慣れしております。砂嵐を予測して、それに乗じて逃げます。カトルとデュオはともかく、マグアナック隊はレーザーにつかまっちゃうんですよね。厄介です。

カトルの優しさを有難がるデュオ。やっぱりこの2人相性いいです。喋る人同士で。でもデュオは庶民的な感じなので、王子系のカトルとは大騒ぎできなくて若干つまらないかな? 電気信号を送るゴーグルカトルは、ちょっと怪しかったです。

壊れたヒイロのガンダムを集めて修復しようとするゼクス。直してやって、ヒイロにこれでもう一度戦えと言いたいらしいです。執念深いなあ。兵士としては厄介な人物です。パーガンが語ったゼクス幼少期のエピソードに、サーベルの稽古中、パーガンが剣を取り落とした時、ゼクスはパーガンにもう一度剣をとらせてから勝負を再開した、というのがありました。サーベルとかそういうレベルの話じゃないよ。一体いくら金と時間と人手かけてんだっ。ピースクラフト捨てたんでしょう。一体どっから出してんだよ。トールギスの修理費とか適当なこと言って、OZからまきあげてるんじゃあるまいな。

勝手にコロニーをタテにとったりしてごめんなさいと、トレーズに謝るアンさん。なんか前にもこんなことあったような・・・あんまり学習しないアンさんです。戦いにおける男のロマンとかはわからないんだろう。合理的な人ですから。しょうがない。 今度はコロニーを手玉にとれというトレーズのお達し。トレーズ、そういうのは自分でやったほうがいいんじゃ。ヒマそうじゃないか、君は。 アンの敬礼を、堅苦しいのはやめたまえと手で制するトレーズ。思わず手を震わせるアン。

デュオとカトルはマグアナックの地下基地にガンダム収容です。とりあえず一安心。「もうぬぁんでもOKだ!」とおまかせコースのデュオ。Wのガンダムのモニターって、360度じゃないですよね。最近ファーストガンダム辺りを見ましたが、頭上から足元まで、ドーム型の視界ですよ、アレ。W!退化しとらんか!?

さてリリーナ、街を歩いていて、突然「いた!」。テレビの音声で、アンさんだとわかったようです。すごい。いつでも仇を探して生活しているんですな。バラの花を胸に挿すテレビの中のレディ・アン。少しも似合っていない、とリリーナ。

さー、リリーナは行動派です。レディ・アン出席のパーティーに乗り込みます!純白のドレス。衣擦れの音がなんとも上品な。今回の車はシックに黒です。車から降り立つ仕草の優雅なこと〜〜。「どうも」の一言で、ドアマンもついしどろもどろに。目撃者からは、「まあ可愛らしい」の感嘆の声が。 さすがはリリーナ!!

招待状は?と聞かれても、堂々と入ろうとします。強い(笑)リリーナの母の知り合いと思われる公爵がやってきて、身内を装い入れてくれます。リリーナの母の名はカテリーナだそうで、どうやらリリーナと瓜二つらしい。

パーティ会場でもカワイイカワイイと人気者のリリーナ。ダンスも申し込まれてますね。 公爵は、サンクキングダム崩壊のことを話してくれます。平和主義がうっとうしがられて、攻撃されて滅んだそうな。

アンさん登場。リリーナはためらわず、背中のリボンに隠し持っていたピストル発射!あっおしいっ。胸のバラをかすめただけでした。狙いはバッチリだったのにね。ちちぃっ。 失敗したとなれば、これまたためらいもせず、身を翻しまして、兎のように逃げるリリーナ。それを追うOZを通すまいと、立ちふさがる公爵とパーティー参加者。みんなOZは嫌いです。そしてリリーナのファンだそうです。また無意識にファンをふやしているリリーナ(爆
「これからの時代には、あの子のみせた勇気が必要だ」と、ウェリッジ公。

カトルとデュオがいる地下基地は、OZに狙われて爆弾仕掛けられました。落ち着いてる間もないです。しかしこれでデュオとカトルはつながりました。コロニーから来たこと、OZを倒す任務のこと、何もかも同じです。「コロニーのことは気にするな。やられる前にやれ」まで一緒。口調まで一緒だ(爆

マグアナックの大人たちと一緒にいると、GP2人がとても小さく見えますね(笑)ガンダムがいることがバレるとヤバいので、今回はマグアナックに任せて、G2機は戦闘に参加せず逃げます。喜んで脱出を手伝ってくれる彼らに、恩を感じるカトルとデュオ。砂漠での戦闘は慣れたもんで、マグアナックはうまくやってくれます。

OZに追われて逃げ場を失ったリリーナは、間一髪のところで、ノインに助けられます。かっこいいです、ノインさん。「そんなに権威が望みなら、トレーズさまの許可を得ている!これでいいか!」リリーナを離し、敬礼してそそくさと退散するOZ兵。あなたもOZですね、とノインに銃を向けるリリーナ。落としていったOZ兵の帽子のOZロゴを撃ち抜き、反OZを明らかにする粋なノイン。





第10話へ第12話へ
>> FOX-TROTトップへ
>> 倉庫トップへ