ガンダムW アニメ感想

第2話 死神と呼ばれるG






さてさて、第1話にひきつづき、大真面目のドシリアスなのに何故か大笑いなガンダムW第2話、「死神と呼ばれるガンダム」。タイトルがコレのくせに、デュオはけっこう影薄いですね。というか、ヒイロの影が濃すぎます。キャラ濃すぎです彼。


前回までのあらすじのナレーション気がついたのですが、「コロニーの人間が、隕石(流れ星?)に見立ててガンダムを送り込んだ」って、そんなもんに見立てるならつもりだったんなら、5ついっぺんに落とすなよ(爆
大人しく1つずつ別々に落としておけば、あー流れ星だ〜くらいで済んだだろうに。隠す気があるんだかないんだかわかりませんて。


ヒイロ・ユイ本日の奇行その1、白馬で爆走。この人も、隠密なら隠密らしく目立たないようにすればいいのに!なんで白馬で爆走するかな!そして授業サボってPCルームに侵入するかな。よけい人目を引くような気がしますが。しかも生徒に授業抜け出して暴走してるとこ見られてました。おいエージェント!目撃者いるけど! そしてわざわざ窓から侵入。壁登るシーンはなかったが、きっとこうやって入ったに違いない。


よく見たらリリーナさまも乗馬をしていらっしゃる!か、か、カッコイイです。美しい人はこうでなくてはいけないね!(ぇ)リリーナはレディ教育されているから普段はとても大人しいけど、もともと活発な性格だから、こういうスポーツは万能だと踏んでいます。絶対運動神経良いですって。足も速いって。


この回はリリーナの箱入り温室お嬢様っぷりを視聴者に印象つける回かと思います。こんな世間知らずみたいなお嬢様ですが、実は強いんですよ!って後の展開につなげていく気だな。体育の授業はフェンシングでした。女子は制服のままでしたから、男子のみ?ヒイロとどことなくおじさんくさい金髪少年の対決。リリーナの招待状を破いたことを非難するおじさん少年(定着)。そんな奴ものともせずチェックメイトでまた目立っちゃってるヒイロ。大人しく何もできない少年演じとけば誰も注目しないのに・・・。もしや目立ちたがりか?地球デビューか!?


「次からは早く言え。お前にやるよ」


おじさん少年、屈辱ー!!これがリリーナ争奪戦に見えるのは私だけですか。ヒイロの台詞に優越感こもってると感じるのは私だけですか。ヒイリリフィルターですか!でも、この台詞からは、おじさん少年は招待状もらえなかったみたいに聞こえるのですが、パーティに来てましたね。ヘンなバイクに乗ってさ。呼ばれてもないのにチャッカリ来たんでしょうか。


一方ガンダム拾いに行ってるゼクス。軍のなかで迫害されてるゼクス・・・かわいそうだ。でも怒るでもなくじっと耐えているところがさすがゼクス、器がでかい。「トレーズの小バエか」って言われてたように聞こえたんですが、聞き間違いですか。小バエー・・・!?


ヒイロ・ユイ本日の奇行その2、車の裏からボトッ。車のウラに張り付いて移動していました。怪しい。怪しすぎる。普通にすればいいのに・・・なんだか無理にエージェントらしいことをしているように思えてきました。後続車来てたら轢かれますよ。車にはりついてたら、後ろから車来てるかどうかも確認できないで飛び降りるだろう!前の車からいきなりボトッと人落ちてきたら、後続車の運転手びっくりですよ。何事かと思うよ。


パーガン、愉快に笑ってました。なんと、ここにヒイロ以外の性格変貌キャラがー!!デュオは初回からあまり性格変わってないですよね。ただ「皆死ぬぜぇ」の台詞なんかはたいへん楽しそうに見えるんですがな。楽しんでやってるなコイツ。今日も斬って斬って斬りまくりでした。水中でも斬ってました。水の中だと攻撃してもあんまりダメージにならないんだよね(スパロボ)アレなんでしたっけ、飛ばすやつ(ロケットパンチにあらず)。アレ拾いに行ってなかったですね。飛ばしたら飛ばしっぱなしだった。後でとりに行くんだろうか。えっ気にしすぎ?


リリーナの誕生日パーティー、すんごいキャーキャーいわれてました。神状態です。崇拝されています。クラスメイトのみならず、大人たちにまで!リリーナが姿を現したとき、「美しい」っていう周囲の声が聞こえたような気がするんですが、空耳でしたか。いや、確かに誰か言ってましたって。んで、なぜかパーティー会場の真ん中にラジオが・・・。ニュースで、5つのガンダムの話題がとりあげられています。かの有名な名言「もしかしてヒイロは、星の王子様?」その頃王子様は、魚雷を抱えて救急車で爆走中でした(爆) ヒイロを見かけたと、先ほどのおやじ少年の目撃証言。「ヒイロを見たですって!?」おおっと、すでにヒイロ呼ばわりだ!リリーナ嬢、会場を飛び出して港へ!!


ってココで他のパイロットがどーしてるかの挿入が。トロワはライオンとガオガオ(謎)キャスリンがかわいいです。衣装の色が緑だ!



カトルさまはごろ寝のセクシーポーズ!さらにサンドロックまでもがセクシーポーズ!!(爆)カトルさま、わざわざ片膝をつかせた体勢で停車(停G?)したらしいです。


五飛が敬語を使っているところをはじめて見ましたよ。武器だか何だかを運んでくれた人に「助かります」「すみません」。五飛!敬語使えるんじゃん!?長老のばばさまにもタメ口きいていて、少年らしくて良いなあなんて思った記憶がありますが。そして武器運搬に一役買った男は、五飛様とでも呼びそうな勢いでしたが、どういう関係だったのでしょうか。


「ヒイロ・・・何をしようとしているの?誰を殺すの?」


リリーナがピンクのロールスロイスで現場に向かっている頃、デュオは海底でヒイロのガンダム拾いました。ゼクスの部下の部隊にデスサイズの頭部をガンガン撃たれて、デュオは頭痛そうにしてました。頭撃たれたら、自分も頭痛いんですか(爆)そんな細かいことになってんですか!だってコクピットって胸部でしょう。頭なんか、取れたってどうってことないと思うんですが。ただちょっと見た目が怖いかなってくらいでさ。首なしデスサイズ。


自爆スイッチ起動してからずいぶん経つようなんだけど・・・結構爆発まで時間かかるもんなんですね。あそこでドカーンなんて爆発してデュオ巻き込まれたら笑い話です。どこまで不運なんだ!デュオ、パーツ機として使わせてもらうぜ、なーんて言ってましたがね。パーツとられるのは、デスサイズのほうなのさ(笑


軍港にご到着のリリーナさま。出ました、名シーン。愛の手当てです。カラオケでGWのOPを入れると、必ずこのシーン出てくるんですよね〜〜(笑
ここからデュオの貧乏くじの歴史が始まります。かわいいお嬢さんを助けたつもりが、なぜか悪い奴に。


ヒイロはコンピュータで魚雷落とすつもりが、リリーナとデュオの相手してるうちに時間がなくなりました。ほんとうに選ばれたエージェントなんですか、ヒイロ・ユイ!民間人にどこまで見られてるんだ、ヒイロ・ユイ!救急車で爆走するからこういうことになるんだよ。大体リリーナのクラスメートでなくたって、救急車をタンクトップ一丁のこどもが運転してたら、注目するに決まってるって。


「なんなの、この人たち・・・」


フシギ君が増えちゃいました。ヒイロより先にデュオに出会ってたら、リリーナはデュオを追いかけたかもしれませんね(笑)フシギは追求しないと気がすまないタチですから。「これで何もかも終わりだ」とか言いつつ海にぷかぷか浮いちゃってるヒイロをなんでお持ち帰りしなかったのか。それが不思議でなりません。リリーナなら連れて帰ってかくまうと思う。先に騒ぎを聞きつけて軍の人に見つかっちゃったのかもしれません。


↑ミニ漫画。「これでもう逃げられませんわね。あなたは誰なの!白状なさい!」こんなことしたら、ヒイロが人間不信になってしまう(笑





第1話へ第3話へ
>> FOX-TROTトップへ
>> 倉庫トップへ